登山76日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「あかるい物撮り ワークショップ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは!

年が明け、あっという間に2ヶ月が経とうとしています。

新人の伊藤 萌です。

 

『お正月ロス』で頭がぼぅっとしていたのも束の間でした。

本当に信じられないくらい、あっという間の1ヶ月半。

 

2月になり、節分にバレンタインデー、

そして桜が咲いて、お酒が美味しい夏がきて、散歩日和の秋がきて、

また紅白を見ながらビールを飲む年末が来るのでしょうね、、、、

後悔のない1年にしたいものです。

 

と言いつつもまだまだ冬本番。

体調管理に十分努めたいと思います!!!

 

さて、、、、

今回のテーマはこちらです!!!

 

〜あかるい物撮り ワークショップ〜

 

 

 

1/28に、昨年発売された、ゆかい(著)「あかるい物撮り」のワークショップイベントが、

青山ブックセンター本店で開催されました。

 

「好きなものを写真にする」

をテーマに、参加者の皆さんはそれぞれ思い入れのある品々を持って、参加してくださいました。

 

ワークショップの導入部分として、

まずは、今日持ってきたものに、どんな思い出があるか・どうしてそれを持ってきたか、

普段どうやって使っているのか。などを1人ひとり発表する場から。

 

 

「初めて奥さんにプレゼントしたもの」

「人生の転機になった時に自分で記念に買ったもの」

「たまらなく好きなもので、自分のルーティーンになっているもの」

 

など、全員がそれぞれの「好きなもの」を語ります。

とても大切そうに皆さん手の中に持っているのが印象的でした。

 

次に、

池田先生のレクチャーと、どうやって写真に落とし込みたいか、を考える時間です。

 

スケッチをしながら写真にする意識を高めていきます。

 

 

 

背景の色や演出方法を、一緒にアイディアを出しながら考えていきます。

 

写真にするイメージが固まったら、いよいよ撮影!!

 

 

背景の色を、何色も使って組み合わせたり、

スモークやカラーセロハンを使って、不思議な雰囲気を演出してみたり。

 

ここでは池田先生が、

「作ることはイメージを超えること。自分が想像していたイメージを、写真表現でどう超えられるかが重要。」

 

と繰り返し言っていたのが印象的でした。

 

みなさん、モニターに映った写真を見るたびに、

「お〜!」「すごい!」という声があがっていました。

 

完成後はそれぞれの写真をスクリーンで見ながら、トークする時間。

 

 

普段見慣れているものでも、

写真にすると、「こういう表情があったとは!」「ただ置いているだけでは出せない躍動感が出た!」

ということが起こります。

 

ストロボや特殊なものを使って写真を撮ってみると、

自分が想像していたイメージを超えるものができるのが、面白い!

 

完成した写真たちがこちらです!

 

 

最後はお土産に、今日の写真プリントをお渡ししました。

画面で見るのとは、また味が違うもの。ぐっと大切にしたい気持ちが高まります。

 

ワークショップはこれにて終了。

皆さんの、「好きなもの」に対する思い、

写真にした時の今まで味わったことのなかった感動を一緒に体験できて、

とてもあたたかい気持ちになれました!

 

〜今回のアタック結果〜

 

私も今回のワークショップテーマにちなんで、

自分の「好きなもの」を写真にしてみました!

 

 

これは、私が生まれた時に母が買ってくれた、うさぎのぬいぐるみ。

毎日一緒に寝ているとかではないですが、、、、見守ってもらっている気がしています。

 

スマートフォンで簡単に誰でもおしゃれな写真が一人でも撮れるようになったけれど、

ストロボを使って、大きなカメラを使って、みんなでワイワイ写真を楽しむのって、

普段の写真の見方がガラッと変わるものだと思います。

 

大切にされているものは、写真に撮っても大切にされていることが

伝わるなあ〜とワークショップを通じて感じました。

 

またどこかで機会があればお会いしましょう!!!

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山75日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「池田晶紀 写真集『SAUNA』発売」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大寒波です。

この先まだまだ寒いことをすっかり忘れていました。

私はもう既に、自分の持つ服の最大限の温かい格好で過ごしています。

冬を越せません。

こんにちは、やっかいの池ノ谷です。

 

ただ!そんな寒い冬を乗り切るためには欠かせないアイテムがこの世にはあります。

ということで、今回はこの本をご紹介。

 

池田晶紀 写真集「SAUNA」

 

2016年11月15日に、ゆかいパブリッシング発行による
池田晶紀 写真集「SAUNA」が発売されました。
 
北欧諸国を旅した池田晶紀が、これまで撮り貯めた国内外のサウナや、自然あふれる風景写真を編纂した写真集です。
モノクロとカラーの写真で構成され、ページをめくるたび、サウナ室と水風呂、

あるいは湖を行き来するときの幸福な時間が思い出される一冊です。
ぜひ手にとって、見て、整ってください。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
池田晶紀 写真集「SAUNA」
写真:池田晶紀
価格:本体2,800円+税
仕様:A5変形(210mm x 140mm) 208ページ カラー・モノクロ
発行:ゆかいパブリッシング
発行日:2016年11月15日
ブックデザイン:やまねりょうこ
タイトルデザイン:永明子
協力:FSC(フィンランドサウナクラブ)、日本サウナ・スパ協会、Coyote、足立菜穂子、中山眞喜男、タナカカツキ(サウナ大使)

※ご購入をご希望の方は、amazonにてご予約を受付ております。
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

そしてサウナの勢いはとどまらず、

Coyote No.60ではサウナ特集が組まれました。

表紙とグラビアを池田先生、たださんが撮影しています。

 

 

2016年11月23日には、Rainy Day Bookstore & Cafeにて
Coyote No.60刊行記念 池田晶紀写真展『SAUNA』も開催されました。

そこでは池田晶紀トーク&スライド「 写真とサウナを語る夜」という

11月26日に『MUSIC FOR SAUNA』をリリースした、

作曲家のとくさしけんごさんをゲストにお迎えしたイベントも行われ

大盛況の展覧会となりました。

 

この女性は、Coyote編集者の足立菜穂子さん。

編集者の中でというか、世の女性の中で一番サウナが好きな方だと私は思っております。

この方がいたからこそ、Coyoteサウナ特集号が誕生しました。

そんな足立さんに池田先生から写真のプレゼントです。

 

そしてこの度、2017年1月18日(水)より、青山ブックセンター本店にて、
写真集「SAUNA」刊行記念、池田晶紀写真展『SAUNA』が開催されます。


フィンランド、エストニアなどを中心とした自然あふれる風景写真を展示。
サウナともに生きる人と自然との関係について、自身が体験したサウナを写真表現として、
サウナの魅力をぞんぶんに感じられる写真展です。
みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひご覧いただければと思います。

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
写真集「SAUNA」刊行記念
池田晶紀 写真展『SAUNA』
会期:1月18日(水)〜2月8日(水)
時間:10時〜22時(最終日は19時まで)
会場:青山ブックセンター本店(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア[B2F])
URL:http://www.aoyamabc.jp/fair/sauna/

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

 

〜今回のアタック結果〜

 

寒い冬を乗り越えるためにはやっぱりサウナ。

小さい頃のサウナの記憶は、とにかく暑くてつらいし、その横についている水風呂も冷たすぎて

心臓が止まるわ!誰が入るんだこんなものに!二度と入るか!と思っていたほどに

地獄のような場所だった印象があります…。

でも大人になった今、サウナの入り方を知り、サウナとの向き合い方が変わり

銭湯に行く=サウナにも入るという人生に変わっていました。(笑)

 

今までサウナには関わってこなかった人も、

一度入り方を知ると自分の中の何かが変わるかもしれませんョ・・・。

 

photo:Ito Moe

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山74日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「ももクロ公式パンフレット vol.10」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは、やっかいのやまねです。

 

早いもので1月ももう10日!

お正月ムードがすっかり消えつつありますね。

わたしは年末年始、贅沢にも毎日ケーキを頬張っていたせいか

体が重だるくてお正月感が抜けきれません。。

今月は食事は控えめ、仕事は全力でを目標に行動します。

 

さて今回は、

昨年12月に公開されたゆかいのお仕事を紹介します。

 

2016年12月23・24日、

ももクロのクリスマス恒例ライブ「ももいろクリスマス」が行われ、
ライブに合わせ公式パンフレットvol.10が発売となりました。

(※ライブ会場とライブビューイング会場となった映画館での販売)

 

ゆかいは、パンフレットの表紙やグラビアページの撮影+イラスト制作を担当しました!

Capture0034-2786.jpg

Capture0037-2789.jpg

Capture0041-2793.jpg

Capture0043-2795.jpg

Capture0044-2796.jpg

Capture0047-2799.jpg

Capture0045-2797.jpg

Capture0051-2803.jpg

Capture0049-2801.jpg

Capture0033-2785.jpg

今回のライブタイトルは

「ももいろクリスマス2016〜真冬のサンサンサマータイム〜」ということで

衣装はアロハ柄のサンタクロースだったり、ハワイらしいモチーフ盛りだくさんだったりと

明るく楽しげな雰囲気のページとなっています。

 

また、パンフレット刊行10冊目!ということで、
購入者特典に“スペシャルブック”が付いています。

「MOMOIRO CLOVER Z OFFICIAL PAMPLET 10th MEMORIAL ISSUE」

Capture0056-2808.jpg

Capture0058-2810.jpg

Capture0061-2813.jpg

こちらの冊子は、

過去10冊についてのまとめや、メンバーやマネージャーの川上さんへのインタビュー、
また編集チームによる座談会の記事が載っています。

座談会には池田先生が参加しています。
 

スペシャルブックが付いて豪華版となった10号目。

記念すべき号に関われてとてもうれしいお仕事でした。

制作スタッフのみなさん、今回もありがとうございました!!!


〜今回のアタック結果〜

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山73日目

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「荒汐部屋のみなさんとちゃんこを食べる新年会開催」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あけましておめでとうございます!

どうも池ノ谷です。

2016年はいろいろな事がありすぎて、必死に追っかけていたら1年が終わっていました。

いつの間にか2017年になっていた感じです。

驚いてます。

今年もゆかい一員として頑張ってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、昨年のことになりますが、皆さんにオススメしたい本が出版しておりました!

それがこちら。

 

写真集「荒汐部屋のモルとムギ」

 

2016年10月7日に、リトルモアより、写真集「荒汐部屋のモルとムギ」が発売となりました。
写真を池田晶紀、川瀬一絵、池ノ谷侑花が担当。

デザインを徳永明子が担当し制作しています。
 

東京・日本橋浜町にある相撲部屋 荒汐部屋で、力士たちと仲良く暮らす2匹の猫「モル」と「ムギ」。
全部で7回にもたって荒汐部屋を丹念に取材し、モルとムギ、部屋の人たちの日々の暮らしをとらえています。
本格的な撮影機材を持ち込み、部屋を即席の撮影スタジオに変身させて撮影した、所属全力士12人とモルのポートレイトも必見です。

荒汐部屋では、毎朝たくさんの外国の方も稽古の見学にいらっしゃるので

外国の方が読んでもわかりやすいように、日英バイリンガル表記されております。

見かけた際は、ぜひ手に取ってみてください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「荒汐部屋のモルとムギ」
定価:本体1300円+税
仕様:A5横/72ページ/フルカラー/たっぷりキャプション付き〈日英バイリンガル表記〉
発売日:2016年10月7日
写真:池田晶紀、川瀬一絵、池ノ谷侑花
デザイン:徳永明子
詳しくは、リトルモアHPより。
※ご購入をご希望の方は、amazonにてご予約受付中!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

そして!写真集「荒汐部屋のモルとムギ」出版を記念しまして、
「猫と力士のあかるい写真展」/「荒汐部屋のみなさんとちゃんこを食べる新年会」が開催されます!

photo:Masanori Ikeda

 

2017年1月8日(日)より、ドラックアウトスタジオにて、
「猫と力士のあかるい写真展」を開催します。
写真集には未収録となった100枚以上の写真に加え、モルと力士の大判プリントも展示します。
 
また、会期前の2017年1月5日(木)には、
プレオープンイベント「荒汐部屋のみなさんとちゃんこを食べる新年会」も開催!
当日は、前頭・蒼国来関をはじめ、荒汐部屋の力士さんたちも会場にやってきますので、
いっしょに荒汐部屋特製のちゃんこをお楽しみいただけます。
 
なお、こちらは参加のお申し込みが必要となります。
くわしくは、荒汐部屋HPよりご確認ください。
みなさまお誘い合わせのうえ、足をお運びいただければと思います。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『荒汐部屋のモルとムギ』出版記念
猫と力士のあかるい写真展
会期:1月8日(日)〜1月22日(日)
時間:11時〜19時
入場料:200円
会場:dragged out studio(東京都中央区日本橋大伝馬町15-3内田ビル1F)
URL:dragged.jp
 
プレオープンイベント
「荒汐部屋のみなさんとちゃんこを食べる新年会」
開催日時:1月5日(木)
時間:17時〜20時頃まで
参加費:500円
会場:dragged out studio(東京都中央区日本橋大伝馬町15-3内田ビル1F)
URL:dragged.jp
 
参加方法:
荒汐部屋あてに,お電話,FAXまたはメールにて[お名前/参加予定人数/お電話番号]をお知らせください。
tel:03-3666-7646 / fax:03-3666-0449
Mail:info@arashio.net
荒汐部屋HP
http://arashio.net

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

と!いうことで、明日1月5日は

「荒汐部屋のみなさんとちゃんこを食べる新年会」が行われます!

新年に、力士の方と一緒にちゃんこを食べる夢のような会です・・・

一生の思い出にぜひ、お越しください。

この写真展でしか見ることのできない、モルとムギのかわいい写真も要チェックでございます。

お待ちしております!

 

 

〜今回のアタック結果〜

 

写真集「荒汐部屋のモルとムギ」。

私は写真家として人生初の写真集を出させていただきました。

計7回撮影に行かせていただき、

初めて見るたくさんのお相撲さんや、初めて見る稽古風景に終始ドキドキしました。

撮影に行っても、モルが外に出ていて居ないなんてことや、

力士の方たちが地方場所に行って部屋に誰もいない時、

寂しがりやで甘えん坊なムギが私の膝の上に乗って動かなくなってしまったので

カメラを置いて一緒に寝たりと…。

いろんな思い出が詰まった一冊です。

 

相撲好き、猫好きにはたまらない写真集。

ぜひ見てみてください。

 

あぁ、それにしても、モルとムギかわいいなぁ・・・

 

photo:Kawase Kazue


©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山72日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「2017年・新年のご挨拶」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あけましておめでとうございます!
やっかいのやまねです。

 

時が経つのは早いですね。。
気がつくともう2017年のはじまりです。
昨年ゆかいはイベントごとが多かったり、
新メンバー・もえぞうが加わったり、
私個人では引っ越したり、新しい環境ではたらき始めたり、
絵のお仕事が増えたり・・・ととても充実した1年でした。

 

今年も実りある年となるよう、
またより成長した自分を目指して頑張ります!

 


 

こちら、ゆかいから新年のご挨拶です。

-------------------------------------------------------------------------------------

昨年は、ゆかい創立10周年ということで、“おめでとう!”の言葉をたくさん頂きました。
ほんとうにありがとうございます。
ぼくらの気持ちとしては、集合写真の題字にあるように心より、“おかげさまで”でございます。
11年目もおかしなことが大好きで、思い出を大切にした、いいチームを目指します。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社ゆかい
池田晶紀 小林知典 ただ 川瀬一絵 徳永明子 山根諒子 池ノ谷侑花 伊藤萌

------------------------------------------------------------------------------------

 


〜今回のアタック結果〜


©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山71日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜本日のアタック内容〜

spotify 「キミの新しい音楽」広告紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは、2回目の登場・新人の伊藤です。

 

なんと・・・

東京では初雪が降りましたね!!!

つい何日か前まで暖かかったのに、なぜ!!急に!!

と、焦ってとりあえず着込みまくりました。

もうすっかり冬です。

 

急な気温の変化で体調を崩されないよう、

みなさまお気をつけください。。。

私も、手洗い・うがい・防寒に徹します!

 

 

さて、今回はこちらの話題!

 

ゆかいのお仕事、

監督・演出は池田先生・スチール撮影はたださんが担当された、

『音楽発見サイト spotify』の広告紹介です。

 

グラフィック広告がこちら。

 

〈母のテクノ編〉

 

〈部長のメタル編〉

 

〈佐々木がヒップホップ編〉

 

〈R&Bでメロウな山下君編〉

 

〈パンクロックと反逆者編〉

 

 

私もこの撮影に助手として参加させて頂きました。

ムービーとスチールの撮影が平行して行われたので、

本当にたくさんの方が関わっていて、

企画・制作・編集のプロの方々の仕事を目の前で見て、とてつもなく大きな刺激を受けました。

助手として貴重な経験です。

 

ムービー広告のほうも、どれもワクワクするものばかり。

全種類ぜひご覧ください。

 

(企画制作:Wieden+Kennedy Tokyo / ROBOT)

 

そして、広告の公開に合わせて、

駅構内や電車、ビルボードをジャックしています!!

 

現在は、

東急東横線・東急田園都市線・JR山手線車内

JR山手線渋谷駅構内・表参道駅構内でspotifyの広告に出会えます。

 

 

これからまた、他の場所でも続々ジャックされるそうです!

ぜひ、街に繰り出した際は探してみてくださいね。

 

 

 

〜今回のアタック結果〜

助手として参加したお仕事ですが、

こんなに大きい形で街中にどーんと貼り出されているのを見て、

素直に感動しました・・・

 

完成した広告をみて感動したのもあるけれど、

駅でたくさんの人が行き交うなか、

溶け込むように広告があること。そしてそれを気にかける人がいること。

それが本当の完成形のような気がして、

目の前でなんだかじーんとしてしまいました。。。

 

今日の一枚。

spotify撮影現場での一コマ。池田先生の黄色い監督メガホンが必需アイテムでした。

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山70日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜本日のアタック内容〜

ゆかい企画 「世界のとびら」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

はじめまして、新人の伊藤萌です。

この度、ゆかいブログに私も参加することになりました。

どうぞよろしくお願い致します!

 

さっそくですが、この場を借りて自己紹介させてください!

 

伊藤 萌(ニックネーム:もえぞう)

今年の9月からゆかいに仲間入りしました。

主に撮影現場でのアシスタントをメインに、日々動き回っています。

元々は、ゴーシーズという撮影スタジオでスタジオマンとしてガッツリ働いていました。

 

ちょうど1年前・・・

スタジオで池田先生との出会いがあり、その撮影スタイルにハートを射抜かれた私は、

勇気を出して「ゆかいの扉」を叩きました。

 

今は、やっかいのお2人と同じ25歳です。

千葉県出身・大好きな犬に癒され、毎日のビールは絶対に欠かせない、特技は本をとにかく速く読む事、

好きなアイドルは松田聖子、笑顔と根性を大切に元気よくをモットーに写真を頑張ります・・・!!!

 

 

・・・と、駆け足で自己紹介してしまいましたが。。。

お会いした際は、ご挨拶からよろしくお願い致します!!!

 

-------------------------------------------------------------------------------------

さて、少し長くなってしまいましたが本題へ。

今回はこちら!!!

 

ゆかい企画 「世界のとびら」

のご紹介です。

 

この展覧会は、ゆかい企画としてドラックアウトスタジオにて、毎回ゲストとして作家さんを招き、

展示や様々な表現を見て頂く、シリーズイベントです。

 

第1回目は、鎌田憲之さんをお迎えして、「Don't think,FEEL!」

10/28から11/6まで開催されていました。

 

2015年から1年間、海外青年協力隊として、インドネシアのロンボク島に滞在していた経験を持つ、

鎌田さんが撮られた写真の展示でした。

展示の模様はこちら。

 

さらに詳しい写真はこちらからもご覧になれます。

 

目に飛び込んでくるのは、色鮮やかで、気温の高さが伝わる熱気のある写真の数々。

大きくプリントされた写真は、現地でプリントされたビニール素材のもの。

折り目のついたままのこの写真は、船便で輸送したそうです。

顔を近づけると、そのままの現地の匂いを感じられる気がしました。

 

表情豊かな人々。自然。

でもその中には大量のゴミも写っています。

このゴミが実は現地では大きな問題になっているそうで・・・

 

先日11/5に鎌田さんと池田先生による、

トークショウも開催されました。

 

 

ここでは、現地のゴミ問題を中心に、トークが展開されました。

鎌田さんが実際に、現地の小・中・高生に向けて行った授業の映像を使いながら、

どのように問題を問題として受け止めてもらうかという活動をしたか、というお話でした。

 

川に流されたり、大量に積み上げられるゴミの山々。

心が痛くなるような、でも世界のとある国では、私の知らないところで大きな問題になっている、

お話や写真、映像でした。

 

それでも、子供たちの活気ある姿や、鎌田さんの授業を楽しむ様子をビデオで見て、

美しい自然や素晴らしい土地を守る重要さを、写真を通して感じました。

 

私も、少しだけインドネシア・ロンボク島のとびらを叩けた気がしました。

 

視覚だけでなく、世界の姿・匂い・熱まで感じられるほどのワクワク感があります。

 

次のとびらは、

vol.2 野口摩耶さん 「ラダックの山山」です!

 

こちらは既に展示が始まっています。

 

この展示に合わせて、

11/19にトークショウも行われます。

写真だけでは感じられない何かがきっと聞けるはずです。

私も今から五感を澄ませて、楽しみにしています。

ぜひ、お越しください。

 

世界のどこかと、きっとつながるこのシリーズ。

ぜひ、あなたの手で「世界のとびら」をそっと叩いてみてください。

 

 

〜今回のアタック結果〜

見ただけで、その場の空気や熱量も伝わる写真。

私もそんな素敵な写真を撮れるようになりたい・・・

 

そしてブログ初体験。

文章を書くって楽しいけど、難しい。

 

 

今日の一枚。

はじめましてのご挨拶です。次回もよろしくお願いします!

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山69日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「ゆかい創立10周年」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

寒いすね。

あれ?いつの間に11月なんでしょうか…と戸惑いを隠せないくらい

怒涛の会社のイベントラッシュで、てんてこ舞いなゆかい一同でございます。

でもこのチャンス生かすため、年末まで突っ走っていきます!

頑張ります!池ノ谷です。

 

さて、最近のゆかいのことを。

2016年10月10日に、株式会社ゆかいは創立10周年を迎えました。

これもひとえにゆかいに関わって頂いた皆さまのご指導・ご支援の賜物と厚く感謝いたしております。

 

そして10周年を記念して、八芳園にて「ゆかい創立10周年記念祝賀会」を行いました。

これまでゆかいに関わって頂いたたくさんの方にお越しいただき、大盛況な祝賀会となりました。

みなさま本当にありがとうございました!

 

 

そしてご報告が。

この度、ゆかいに新しくメンバーが加わりました。

名前は伊藤萌。もえぞーと呼ばれています。

年齢はやっかいと同じ25歳です。

元スタジオマン。犬好き、昭和アイドル好き、酒好き。

との情報は聞いていますが、まだまだ私たちも知らないことばかり…。

これからの彼女の活躍にご期待ください!

 

 

今後とも株式会社ゆかいをよろしくお願いいたします。

 

 

〜今回のアタック結果〜

 

池田先生がゆかいを立ち上げて10年。

10年前私は15才。何をやりたいのかも決まっていない、ただただ目の前にあることをひたすらやるだけの中学生でした。

そんな私がゆかいに入って4年目になり、フォトグラファーとして活動させていただいています。

正直なところこんな人生になるとも想像してもおらず・・・。

10周年という節目にこうして立会い、長い歴史があるんだなと実感しました。

私自身、10年後どうなっていくのかわからないですが

株式会社ゆかいの一員として頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山68日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「恐竜がいた。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

25歳になった私。

友人からのプレゼントで深い色の赤いマニキュアをいただきました。

赤いマニキュアって私にはなかなかチャレンジできない色だわ・・・と

少し戸惑いながらも塗ってみるとあら不思議。

大人の色気漂ういい女になれた、気がしました。

とても気に入ったので別の友人に自慢したら

「全爪から血が出てる。」

と言われました。

赤いマニキュアが似合うイイ女になるのはまだまだ先のことみたいっすね…

でも気にせず塗り続けてやるわよ。イイ女になるために。

こんにちは、やっかいの池ノ谷です。

 

あかるい物撮りに引き続き、またまた皆さんにオススメしたい本が発売されました!

それがこちら。

 

詩:谷川俊太郎 絵:下田昌克
『恐竜がいた』

 

雑誌「SWITCH」にて下田昌克さんと谷川俊太郎さんと池田先生とたださんで

全20回にわたり連載していた企画、「恐竜がいた」がついに本になりました。

恐竜への憧憬がライフワークとなりキャンバス生地で恐竜をつくり続ける画家の下田昌克さん。

本当は恐竜には興味ないけど、下田さんの作る恐竜は興味がある詩人の谷川俊太郎さん。

そしてゆかいの写真家の池田先生とたださんによる本です。

全国書店、amazonなどにてお買い求めいただけますので、

見かけた際はぜひ手にとってこの本の世界に魅了されてみてください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「恐竜がいた」
詩:谷川俊太郎

絵:下田昌克
写真:池田晶紀、ただ

価格:本体1,728円
発売日:2016年09月15日
出版社:スイッチパブリッシング 
詳しくはスイッチパブリッシングHPにて→http://www.switch-store.net/SHOP/BO0074.html
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

そして「恐竜がいた」の出版を記念しまして、

TOBICHI2にて『恐竜がいた』展も開催されております!

展示設営風景をチラリと公開です。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『恐竜がいた』展
谷川俊太郎(詩人)+下田昌克(イラストレーター)
池田晶紀(写真家)+ただ(写真家)

会期:9月22日(木・祝)〜10月2日(日)
時間:11:00〜19:00
料金:入場無料
会場:TOBICHI
(東京都港区南青山4­-28­-26
URL :http://www.1101.com/switch/kyoryugaita/index.html

問い合わせ:tobichi@1101.com

 

【なりきりパシャり!勝手に撮れる写真館】produced by ゆかい
会場には下田さん作品の恐竜を身につけて

自由に写真を撮っていただけるコーナーを設けます。
「ゆかい」によるプロデュースで、撮影現場を再現。
ご自身のカメラや携帯でご自由に撮影いただけます。
撮った写真はご自由にSNSなどにアップしていただけます。
できれば黒いTシャツでのご来場がおすすめです。

 

※ほぼ日のサイトにて最新レポートも見ることができます。

TOBICHIのスタッフの方々がその日の展示の様子などレポートされているので、

ぜひチェックしてみてください。

https://www.1101.com/tobichi/#!/report
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

壁には、今までSWITCHで連載してきた20枚分の原画と詩も。

とにかく恐竜だらけの大ド迫力の展示になっております。

会場近くにいる虫の音も相まって、まるでジャングルの中に潜んでいるかのよう。圧巻です・・・

会期は10月2日まで。

チャンスはまだまだありますので、恐竜に会いに、恐竜になりにお越しください!

この展示空間をぜひ一度体感してください。

 

会場では、あかるい物撮りも販売しています。

恐竜を撮影するヒントが載っているかも!

「恐竜がいた」と一緒に読んでみてください。

 

 

〜今回のアタック結果〜

 

恐竜が平成の時代に蘇ってきた!

2年間SWITCHで連載してきた集大成が今ここで。

まるで恐竜が息をしているような、その場に生きているかのようなドキドキ感・・・

この体験を味わいに来てください。

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山67日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「あかるい物撮り、発売!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

9月も半月が過ぎました。

私、そろそろ25歳になりそうです。

やっと25歳か〜と思う自分と、まだまだ25歳かぁ・・・と思う自分が半々。

中学生くらいの時に思い描いていた25歳とはほど遠く、

なんだか大人になりきれていない私ですが、

まだまだ伸びしろがあるということで…。

日々成長して頑張っていく所存であります。
ども、こんにちは、やっかいの池ノ谷です。

 

突然ですが。

最近お仕事で商品を紹介する写真を撮ることが増えてきた、

お気に入りのモノを写真でかっこよく撮りたいのになかなか上手くいかない、

SNS上で素敵なモノの写真をアップしたい、

など、写真を撮る際にお困りになったことはないですか?

 

この度ゆかいから、皆さんにぜひオススメしたい本が出ました!

それがこちら。

 

ゆかい・著の単行本「あかるい物撮り」

 

構想2年、制作半年という歳月をかけ、
ビー・エヌ・エヌ新社より、2016年9月9日に「あかるい物撮り」が発売となりました。

今回、初めてのゆかい著ということで。気合いが入っております。

撮影は池田先生、たださん、池ノ谷が担当。

今までの仕事で培ってきた、たださんの物撮りテクニックがぎっしりと詰まっています!

デザインは、前回登山65日目のブログでも紹介しました徳永明子さん。

イラストは、私の相棒のやまねりょうこが担当しています。

編集は古屋蔵人さん、たなかともみさん、石井早耶香さんが寝る間も惜しんで制作に励んでくださいました…。

帯は糸井重里さんに書いていただき、読み応えたっぷりな豪華な一冊となりました。


本書では、雑貨、ファッション、料理といったさまざまな被写体と向き合い、
よりよい写真にするために、それぞれどのように考え、テーマをつくり、光を当てていくのか? 
どんなテーマや対象も、あかるくて楽しくて、よく伝わる写真に仕上げるヒントと技術を大公開しています。

演出の方法やセットの詳細はもちろん、自作装置やあらゆる知恵、アイデア、トリックを明かします。

アマチュアカメラマンからプロカメラマン、デザインや写真に興味がある方まで、
さまざまな方に「写真の力」「写真の考え方」を伝える一冊です。

プロの現場からレポートする、物撮りの世界。

ぜひ、お試しください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「あかるい物撮り」
定価:本体2,200円+税
仕様:B5判/160ページ
発売日:2016年09月09日
 
著者:ゆかい
撮影:池田晶紀、ただ、池ノ谷侑花
編集:古屋蔵人、たなかともみ、石井早耶香
編集協力:小林知典、川瀬一絵
デザイン:徳永明子
イラスト:やまねりょうこ
 
詳しくは、ビー・エヌ・エヌ新社HP:http://www.bnn.co.jp/books/8263/
※ご購入をご希望の方は、amazonにてご予約受付中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4802510225
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

そして9月10日には、神田・司町にあるクリエイティブ・オフィス司3331にて開催された「司三三三市」というイベントで

あかるい物撮りの出版を記念しまして販売会も行われました!

 

たくさんの方に手に取っていただき、

「仕事でグッズの商品写真撮ったりするのでこれはかなり勉強になりますね・・・」

とじっくり読み込んでくださったりして有意義な販売会でした。

中には、やまねさんのイラストがかわいくて好きなんですとサインを求めてくれる方もいらっしゃいましたヨ!

 

そして私の隣では、この方までも「わ〜〜〜勉強になる〜〜〜〜」と言いながら熟読。

ゆかい所属の写真家、川瀬一絵さん。

 

とにかく一冊持っていたら損はない本となっております!

ぜひ物撮りの教科書として使ってみてください。

 

〜今回のアタック結果〜

 

ついに発売された「あかるい物撮り」。

32項目の物撮り撮影全て、アシスタント・カメラマンとして現場に立ち会ってきましたが、

「へぇ〜〜〜〜こうやって撮るんだぁ!すごー!」と声に出てしまうほど

いろんなテクニックを駆使して撮影されていて本当に勉強になりました…。

私もこれ読んで物撮りマスターになろ!

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村