登山79日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「世界のとびら vo.4ゲスト:大原大次郎さん」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みなさま、こんにちは。

ゆかいの伊藤です。

 

そろそろ東京も梅雨明けですね!

毎年、海の日が近づくと夏本番だな〜!という気持ちになります。

 

暑い毎日ですが、

プールに行く予定を立てるも良し、

テーマパークで遊ぶも良し、花火大会に行くも良しですね。

 

私は、クーラーの効いた部屋でビールを飲みながら、山下達郎でも聴きたいです。

 

それぞれ好きな夏の過ごし方を満喫しましょう、、、!

 

それでは、今回のテーマはこちらです!!

 

〜世界のとびら 大原大次郎さん〜

 

 

第4回目となる、ゆかい企画・世界のとびらに、デザイナーの大原大次郎さんをお迎えして、

7/8(土)にトーク&ワークショップが開かれました。

 

まず気になるのは「仲直り」というタイトル。

一体どんな意味が込められているのでしょうか、、、、

 

 

この日、会場には「青春」と書かれた凧と、その凧を作る大原さんを撮影した池田先生の写真が、

お客さんをぐるっと囲むような形で展示されていました。

 

この凧はいったい、、、、それは後半で明らかに。

 

 

大原さんと池田先生との関係は、遡ること21年前。

当時、美大受験のために通っていた立川の美術予備校での出会いでした。

 

その後、東京・国立にて1999年に現在のゆかいの原型となったオルタナティブスペース、

ドラックアウトスタジオを立ち上げました。そこで、

展覧会の企画やフリーペーパーの発行など、様々な活動を共にされていました。

現ゆかいマネージャーの小林さんも、当時からのメンバーでした。

 

トークショーでは、

当時のドラックアウトスタジオができるまでや、周りの影響を受けた人の話、

どんな10代・20代だったかなど、全く知らなかったことを知ることができる、貴重な機会でした。

 

 

それから、トークの中盤で、大原さんから興味深い、

「認識力」に関するワークショップも開かれました。

 

簡単な説明ですが、内容は、1枚の写真や絵をみて、何秒間かの短い時間で描写すると、

7秒までは、みんな大きな差はなく、似たような形を捉えた線や絵になる。

 

しかし、7秒以上観察すると、細かい部分まで見たり、認識することができるということなんですね。

 

 

お題として、池田先生が20年前に撮った、若かりし日の大原さんの

ポートレイトを見ながら全員で30秒間スケッチしてみる時間を設け、みんなで見せ合う時間を作りました。

 

 

それぞれ認識の違いなど、豊かなスケッチが完成しました!

せっかくなので、この絵はお客さんから大原さんに、プレゼントされました。

 

そしてトーク後半へ。

 

ふたりが出会ったころによく通ったという、多摩川の河川敷。

そこに今回再び、大原さん・池田先生・小林さんの3人で足を運び、池田先生が編集した映像を観ました。

 

 

わざわざ「仲直り」をテーマにするのであれば、はじめて遊んだ場所にいってみよう!という

思いつきで、なにも決めず、結果的にふたりで凧をつくり、飛ばした日の映像です。

 

「おじさんふたりの見苦しい映像かもしれませんが、ちゃんとつくることをしてきました。

みなさまどうぞお付き合いくださいませ」と、池田先生のアナウスで映像をスタートし、

このイベントは終了しました。

 

変わらない夕陽に向かって、

「青春」の凧をあげ、思い出を振り返る。

 

映像の最後に、同じ場所で21年前の池田先生(若い!)を、大原さんが撮った映像が挟まれ、

時間の流れや青春を一気に感じ、個人的にうるっとしました。

 

「仲直り」という今回のタイトルは、いったいどういうことだったでしょうか?

という疑問への答えとして、トークショーの最後に池田先生は、こう言っていました。

 

「仲直ろうが、仲直らまいが、心を開く。そして受け入れようとする。

今回やりたかったことは、そういった「関係写真」というトークイベントです」と。

 

大原大次郎さん、素敵なお話ありがとうございました!

 

 

 

〜今回のアタック結果〜

 

いまの私が25歳。

今回のトークショーで聞いた話が、ちょうど私に近い年齢の時のことだと思うと、私も自分の青春時代はどうだろう?と考えました。

 

40歳になった時に、

自分の子供や仲間に青春時代の話ができるだろうか。

「あの時はお金もなくて大変だったけど、本当に楽しかったよね!!」

 

そう笑顔で語れるような時代を、

いまつくっておこう。と本気で思いました。

 

夏の過ごし方、

冷房が効いた部屋でビールが飲みたいだなんて言ってる場合じゃないですね!

カメラを持って外に出よう!!

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます。

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山77日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「世界のとびら  小島ケイタニーラブさん」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みなさまこんにちは!ゆかいの伊藤萌です。

5月に入り、夏がすぐそこまで来ているような日が続いていますね。

この時期ってこんなに暑かったっけ?と、毎年思っている気がします。

Tシャツで既に過ごしてしまっていますが、夏本番は一体何を着たらいいのでしょうか。

これも毎年思っている気がします・・・

暑さに負けず、元気に頑張りたいと思います。

 

さて、今回のテーマはこちらです!!

 

〜世界のとびら 小島ケイタニーラブさん〜

 

 

4/8(土)に、世界のとびらシリーズ第3弾として、

ゲストに音楽家・小島ケイタニーラブさんをお迎えしました!

 

『ありあわせのスープ』と題して、

前半はケイタニーさんと池田先生のトーク&ライブ、

後半は全員参加でワークショップが開催されました。

 

 

まず初めに、滝廉太郎『荒城の月』を唄ってくださったケイタニーさん。

アレンジの効いたメロディーと、透き通った歌声に、

会場の雰囲気も一気に歌の世界にしっとりと引き込まれました。

 

ケイタニーさんの3曲の歌詞が書かれた紙が配られ、歌詞を見ながら、

曲作りについてや、歌の世界観などを話してくださいました。

もちろん歌も聴きながら。

 

 

ここで印象的だったのは、

曲作りで本当にいいものができたと思った時は、自分で泣いてしまうということ。

それだけ繊細で、優しい世界観が詰まっているケイタニーさんの歌声でした。

 

たっぷりと歌の世界に浸ったところで、後半へ。

ワークショップとして、壁に貼られた長い紙にケイタニーさんの歌を聴きながら、

自分が感じたものを色や形に表して、参加者全員で自由に描いていきます。

 

 

色や形だけでなく、風や光も入れて1枚の紙がどんどん彩られていきます。

 

 

音と気持ちが一体となって生まれた空間でした。

生演奏を聴きながら、こんな体験ができるなんて・・・

まさに全員の感覚が詰まった「ありあわせのスープ」といった時間。

 

 

最後は壁からはがして、ケイタニーさん夫妻をぐるぐる。

みんなでひとつの作品を作ったような一体感に包まれました。

 

曲作りの際に、小さいときの記憶や思い出も入れ込んでいるというケイタニーさん。

最初に聞いたときは、恋人を想う歌かと思いきや、

歌詞の意味を教えてもらうと、実はケイタニーさんがお父さんを想って作った歌もありました。

 

そんな風に、一つひとつ愛情を込めてお話ししてくださいました。

トーク&ライブで世界観に浸り、ワークショップで自分も作品の一部になれた、贅沢な時間でした!

ケイタニーさん、本当にありがとうございました!!

 

 

〜今回のアタック結果〜

1曲に込められた愛情をひしひしと感じるケイタニーさんの歌。

私もそんな風に1枚の写真に、優しいまなざしで向かい合いたいと思いました。

ものづくりに対する姿勢を、音楽から学んだ日でした!

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じま

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山71日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜本日のアタック内容〜

spotify 「キミの新しい音楽」広告紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは、2回目の登場・新人の伊藤です。

 

なんと・・・

東京では初雪が降りましたね!!!

つい何日か前まで暖かかったのに、なぜ!!急に!!

と、焦ってとりあえず着込みまくりました。

もうすっかり冬です。

 

急な気温の変化で体調を崩されないよう、

みなさまお気をつけください。。。

私も、手洗い・うがい・防寒に徹します!

 

 

さて、今回はこちらの話題!

 

ゆかいのお仕事、

監督・演出は池田先生・スチール撮影はたださんが担当された、

『音楽発見サイト spotify』の広告紹介です。

 

グラフィック広告がこちら。

 

〈母のテクノ編〉

 

〈部長のメタル編〉

 

〈佐々木がヒップホップ編〉

 

〈R&Bでメロウな山下君編〉

 

〈パンクロックと反逆者編〉

 

 

私もこの撮影に助手として参加させて頂きました。

ムービーとスチールの撮影が平行して行われたので、

本当にたくさんの方が関わっていて、

企画・制作・編集のプロの方々の仕事を目の前で見て、とてつもなく大きな刺激を受けました。

助手として貴重な経験です。

 

ムービー広告のほうも、どれもワクワクするものばかり。

全種類ぜひご覧ください。

 

(企画制作:Wieden+Kennedy Tokyo / ROBOT)

 

そして、広告の公開に合わせて、

駅構内や電車、ビルボードをジャックしています!!

 

現在は、

東急東横線・東急田園都市線・JR山手線車内

JR山手線渋谷駅構内・表参道駅構内でspotifyの広告に出会えます。

 

 

これからまた、他の場所でも続々ジャックされるそうです!

ぜひ、街に繰り出した際は探してみてくださいね。

 

 

 

〜今回のアタック結果〜

助手として参加したお仕事ですが、

こんなに大きい形で街中にどーんと貼り出されているのを見て、

素直に感動しました・・・

 

完成した広告をみて感動したのもあるけれど、

駅でたくさんの人が行き交うなか、

溶け込むように広告があること。そしてそれを気にかける人がいること。

それが本当の完成形のような気がして、

目の前でなんだかじーんとしてしまいました。。。

 

今日の一枚。

spotify撮影現場での一コマ。池田先生の黄色い監督メガホンが必需アイテムでした。

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山70日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜本日のアタック内容〜

ゆかい企画 「世界のとびら」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

はじめまして、新人の伊藤萌です。

この度、ゆかいブログに私も参加することになりました。

どうぞよろしくお願い致します!

 

さっそくですが、この場を借りて自己紹介させてください!

 

伊藤 萌(ニックネーム:もえぞう)

今年の9月からゆかいに仲間入りしました。

主に撮影現場でのアシスタントをメインに、日々動き回っています。

元々は、ゴーシーズという撮影スタジオでスタジオマンとしてガッツリ働いていました。

 

ちょうど1年前・・・

スタジオで池田先生との出会いがあり、その撮影スタイルにハートを射抜かれた私は、

勇気を出して「ゆかいの扉」を叩きました。

 

今は、やっかいのお2人と同じ25歳です。

千葉県出身・大好きな犬に癒され、毎日のビールは絶対に欠かせない、特技は本をとにかく速く読む事、

好きなアイドルは松田聖子、笑顔と根性を大切に元気よくをモットーに写真を頑張ります・・・!!!

 

 

・・・と、駆け足で自己紹介してしまいましたが。。。

お会いした際は、ご挨拶からよろしくお願い致します!!!

 

-------------------------------------------------------------------------------------

さて、少し長くなってしまいましたが本題へ。

今回はこちら!!!

 

ゆかい企画 「世界のとびら」

のご紹介です。

 

この展覧会は、ゆかい企画としてドラックアウトスタジオにて、毎回ゲストとして作家さんを招き、

展示や様々な表現を見て頂く、シリーズイベントです。

 

第1回目は、鎌田憲之さんをお迎えして、「Don't think,FEEL!」

10/28から11/6まで開催されていました。

 

2015年から1年間、海外青年協力隊として、インドネシアのロンボク島に滞在していた経験を持つ、

鎌田さんが撮られた写真の展示でした。

展示の模様はこちら。

 

さらに詳しい写真はこちらからもご覧になれます。

 

目に飛び込んでくるのは、色鮮やかで、気温の高さが伝わる熱気のある写真の数々。

大きくプリントされた写真は、現地でプリントされたビニール素材のもの。

折り目のついたままのこの写真は、船便で輸送したそうです。

顔を近づけると、そのままの現地の匂いを感じられる気がしました。

 

表情豊かな人々。自然。

でもその中には大量のゴミも写っています。

このゴミが実は現地では大きな問題になっているそうで・・・

 

先日11/5に鎌田さんと池田先生による、

トークショウも開催されました。

 

 

ここでは、現地のゴミ問題を中心に、トークが展開されました。

鎌田さんが実際に、現地の小・中・高生に向けて行った授業の映像を使いながら、

どのように問題を問題として受け止めてもらうかという活動をしたか、というお話でした。

 

川に流されたり、大量に積み上げられるゴミの山々。

心が痛くなるような、でも世界のとある国では、私の知らないところで大きな問題になっている、

お話や写真、映像でした。

 

それでも、子供たちの活気ある姿や、鎌田さんの授業を楽しむ様子をビデオで見て、

美しい自然や素晴らしい土地を守る重要さを、写真を通して感じました。

 

私も、少しだけインドネシア・ロンボク島のとびらを叩けた気がしました。

 

視覚だけでなく、世界の姿・匂い・熱まで感じられるほどのワクワク感があります。

 

次のとびらは、

vol.2 野口摩耶さん 「ラダックの山山」です!

 

こちらは既に展示が始まっています。

 

この展示に合わせて、

11/19にトークショウも行われます。

写真だけでは感じられない何かがきっと聞けるはずです。

私も今から五感を澄ませて、楽しみにしています。

ぜひ、お越しください。

 

世界のどこかと、きっとつながるこのシリーズ。

ぜひ、あなたの手で「世界のとびら」をそっと叩いてみてください。

 

 

〜今回のアタック結果〜

見ただけで、その場の空気や熱量も伝わる写真。

私もそんな素敵な写真を撮れるようになりたい・・・

 

そしてブログ初体験。

文章を書くって楽しいけど、難しい。

 

 

今日の一枚。

はじめましてのご挨拶です。次回もよろしくお願いします!

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山69日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「ゆかい創立10周年」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

寒いすね。

あれ?いつの間に11月なんでしょうか…と戸惑いを隠せないくらい

怒涛の会社のイベントラッシュで、てんてこ舞いなゆかい一同でございます。

でもこのチャンス生かすため、年末まで突っ走っていきます!

頑張ります!池ノ谷です。

 

さて、最近のゆかいのことを。

2016年10月10日に、株式会社ゆかいは創立10周年を迎えました。

これもひとえにゆかいに関わって頂いた皆さまのご指導・ご支援の賜物と厚く感謝いたしております。

 

そして10周年を記念して、八芳園にて「ゆかい創立10周年記念祝賀会」を行いました。

これまでゆかいに関わって頂いたたくさんの方にお越しいただき、大盛況な祝賀会となりました。

みなさま本当にありがとうございました!

 

 

そしてご報告が。

この度、ゆかいに新しくメンバーが加わりました。

名前は伊藤萌。もえぞーと呼ばれています。

年齢はやっかいと同じ25歳です。

元スタジオマン。犬好き、昭和アイドル好き、酒好き。

との情報は聞いていますが、まだまだ私たちも知らないことばかり…。

これからの彼女の活躍にご期待ください!

 

 

今後とも株式会社ゆかいをよろしくお願いいたします。

 

 

〜今回のアタック結果〜

 

池田先生がゆかいを立ち上げて10年。

10年前私は15才。何をやりたいのかも決まっていない、ただただ目の前にあることをひたすらやるだけの中学生でした。

そんな私がゆかいに入って4年目になり、フォトグラファーとして活動させていただいています。

正直なところこんな人生になるとも想像してもおらず・・・。

10周年という節目にこうして立会い、長い歴史があるんだなと実感しました。

私自身、10年後どうなっていくのかわからないですが

株式会社ゆかいの一員として頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
登山68日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「恐竜がいた。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

25歳になった私。

友人からのプレゼントで深い色の赤いマニキュアをいただきました。

赤いマニキュアって私にはなかなかチャレンジできない色だわ・・・と

少し戸惑いながらも塗ってみるとあら不思議。

大人の色気漂ういい女になれた、気がしました。

とても気に入ったので別の友人に自慢したら

「全爪から血が出てる。」

と言われました。

赤いマニキュアが似合うイイ女になるのはまだまだ先のことみたいっすね…

でも気にせず塗り続けてやるわよ。イイ女になるために。

こんにちは、やっかいの池ノ谷です。

 

あかるい物撮りに引き続き、またまた皆さんにオススメしたい本が発売されました!

それがこちら。

 

詩:谷川俊太郎 絵:下田昌克
『恐竜がいた』

 

雑誌「SWITCH」にて下田昌克さんと谷川俊太郎さんと池田先生とたださんで

全20回にわたり連載していた企画、「恐竜がいた」がついに本になりました。

恐竜への憧憬がライフワークとなりキャンバス生地で恐竜をつくり続ける画家の下田昌克さん。

本当は恐竜には興味ないけど、下田さんの作る恐竜は興味がある詩人の谷川俊太郎さん。

そしてゆかいの写真家の池田先生とたださんによる本です。

全国書店、amazonなどにてお買い求めいただけますので、

見かけた際はぜひ手にとってこの本の世界に魅了されてみてください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「恐竜がいた」
詩:谷川俊太郎

絵:下田昌克
写真:池田晶紀、ただ

価格:本体1,728円
発売日:2016年09月15日
出版社:スイッチパブリッシング 
詳しくはスイッチパブリッシングHPにて→http://www.switch-store.net/SHOP/BO0074.html
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

そして「恐竜がいた」の出版を記念しまして、

TOBICHI2にて『恐竜がいた』展も開催されております!

展示設営風景をチラリと公開です。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『恐竜がいた』展
谷川俊太郎(詩人)+下田昌克(イラストレーター)
池田晶紀(写真家)+ただ(写真家)

会期:9月22日(木・祝)〜10月2日(日)
時間:11:00〜19:00
料金:入場無料
会場:TOBICHI
(東京都港区南青山4­-28­-26
URL :http://www.1101.com/switch/kyoryugaita/index.html

問い合わせ:tobichi@1101.com

 

【なりきりパシャり!勝手に撮れる写真館】produced by ゆかい
会場には下田さん作品の恐竜を身につけて

自由に写真を撮っていただけるコーナーを設けます。
「ゆかい」によるプロデュースで、撮影現場を再現。
ご自身のカメラや携帯でご自由に撮影いただけます。
撮った写真はご自由にSNSなどにアップしていただけます。
できれば黒いTシャツでのご来場がおすすめです。

 

※ほぼ日のサイトにて最新レポートも見ることができます。

TOBICHIのスタッフの方々がその日の展示の様子などレポートされているので、

ぜひチェックしてみてください。

https://www.1101.com/tobichi/#!/report
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

壁には、今までSWITCHで連載してきた20枚分の原画と詩も。

とにかく恐竜だらけの大ド迫力の展示になっております。

会場近くにいる虫の音も相まって、まるでジャングルの中に潜んでいるかのよう。圧巻です・・・

会期は10月2日まで。

チャンスはまだまだありますので、恐竜に会いに、恐竜になりにお越しください!

この展示空間をぜひ一度体感してください。

 

会場では、あかるい物撮りも販売しています。

恐竜を撮影するヒントが載っているかも!

「恐竜がいた」と一緒に読んでみてください。

 

 

〜今回のアタック結果〜

 

恐竜が平成の時代に蘇ってきた!

2年間SWITCHで連載してきた集大成が今ここで。

まるで恐竜が息をしているような、その場に生きているかのようなドキドキ感・・・

この体験を味わいに来てください。

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村