<< 登山91日目 | main |
登山92日目


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜本日のアタック内容〜
「やまねりょうこ初個展、山と根」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、池ノ谷です。

8月ですー。

私秋が好きなんですけど、秋ちゃんと来るのかなーって心配になる暑さですね。

ずっと暑いですもんね。

動くのもおっくうですもんね。

でもこの時期にクリスマスソング聞くと

あーあの寒い季節がまたやって来るのかーワクワクする、今のうちに夏のワクワク味わっちゃお!

て気分になれますよ。オススメです。

 

さて、最近のゆかいの活動はと言いますと。

ゆかいの一階のギャラリー、ドラックアウトスタジオでは

7月12日ー22日まで、やまねりょうこ展「山と根」が開催されました。
 


illustration, design:Ryoko Yamane(YUKAI)

 

—–

はじめての個展。
どこか舞台となる場所を決めて、巡って、
見たものをカタチにしようと思い、
「静岡県 富士宮市」を選びました。

この場所は、
わたしが年少の頃から
高校卒業して東京に上京するまでの
12年間過ごしてきたふるさとです。
富士山のふもとに位置し、
窓を開けるといつも大きな富士山が見えました。

また、絵を描いていきたいと志した場所でもあります。

住んでいた頃は
あまりにも日常的すぎて
日本一の山も、またこの街にも、
とくに興味はありませんでした。

しかし上京して一旦距離を置いてみると、
新幹線に乗って実家へ帰るときに見える
ちいさな富士山に懐かしさと凄さを感じるようになりました。

思えば、一度も富士登山をしたことがなかったので、
2017年の夏、頂上をめざしチャレンジしてきました。

同時に、過去を振り返りながら街を歩き、
自分の原点となったこの場所を
改めて見つめてみる旅をしてきました。

今回の展示では、
富士登山で経験したことや
ここでみた草花や動物、また人々などのモチーフを
イラストレーションと映像作品で表現します。

これまで培ってきたものを生かして、
うまく形にできたらいいなと思います。

やまねりょうこ

—–

 

ということで、やまねりょうこの初となる個展が行われました。

静岡県富士宮出身。山根という名前で、山の根元(麓)に住んでいた彼女がはじめて富士山と向き合い、

死に物狂いで富士山に登ってきたそうです。

 

展覧会では、ゆかいのインターンに来ていた映像作品を制作している宮下杏美ちゃんと、

音楽を担当してくださった田中啓介さん協力のもと、

コマ撮りアニメーションという技法で初の映像作品も制作しました。

他にも、富士曼荼羅図をオマージュした絵の作品や、

映像で使用されたイラストの原画、

富士山にまつわる陶芸作品、

山と根オリジナルグッズを販売するなど、様々なものが展示されました。


そんな展覧会の様子はこちら。

 

オープニングレセプションでは、やまねりょうこが自らの手で焼いてくれる

「りょうこの富士宮焼きそば屋さん」も行われました。

来ていただいた方に、富士宮の有名なB級グルメ「富士宮やきそば」が振舞われました!

サウナ芸人として活躍中の、地球のマグ万平さんと

やまねりょうこのお母さんもお手伝いに来てくださいましたよ〜


 

連日の猛暑の中、たくさんの方にお越しくださいましてありがとうございました。

なんと毎年パンフレットの撮影でお世話になっているももいろクローバーZの高城れにちゃんが
インスタグラムで展示の告知をしてくれるというありがたいサプライズもあったりして、
たくさんのモノノフの方々にも来てくださいました。

こうして、やまねりょうこ展「山と根」は大盛況で幕を閉じました。

 

やまねりょうこ展「山と根」で販売されていたオリジナルグッズの手ぬぐいとペナントは、

ゆかいHPから購入できます。こちらからお買い求めください。

http://yukaistudio.com/?cat=32



〜今回のアタック結果〜

 

やまねと私はゆかいに入って6年目。

やまねは一足先に、個展という大きな山を無事越えて行きました。

彼女の絵の良さは昔から変わらず、ずっと描き続けていて

こうして個展をしてみんなに見てもらうってすごいことだ〜と改めて実感しました。

 

やまねに続き、

私もそろそろ山を登り始めようと思います。


©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます
 

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
COMMENT