<< 登山69日目 | main | 登山71日目 >>
登山70日目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜本日のアタック内容〜

ゆかい企画 「世界のとびら」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

はじめまして、新人の伊藤萌です。

この度、ゆかいブログに私も参加することになりました。

どうぞよろしくお願い致します!

 

さっそくですが、この場を借りて自己紹介させてください!

 

伊藤 萌(ニックネーム:もえぞう)

今年の9月からゆかいに仲間入りしました。

主に撮影現場でのアシスタントをメインに、日々動き回っています。

元々は、ゴーシーズという撮影スタジオでスタジオマンとしてガッツリ働いていました。

 

ちょうど1年前・・・

スタジオで池田先生との出会いがあり、その撮影スタイルにハートを射抜かれた私は、

勇気を出して「ゆかいの扉」を叩きました。

 

今は、やっかいのお2人と同じ25歳です。

千葉県出身・大好きな犬に癒され、毎日のビールは絶対に欠かせない、特技は本をとにかく速く読む事、

好きなアイドルは松田聖子、笑顔と根性を大切に元気よくをモットーに写真を頑張ります・・・!!!

 

 

・・・と、駆け足で自己紹介してしまいましたが。。。

お会いした際は、ご挨拶からよろしくお願い致します!!!

 

-------------------------------------------------------------------------------------

さて、少し長くなってしまいましたが本題へ。

今回はこちら!!!

 

ゆかい企画 「世界のとびら」

のご紹介です。

 

この展覧会は、ゆかい企画としてドラックアウトスタジオにて、毎回ゲストとして作家さんを招き、

展示や様々な表現を見て頂く、シリーズイベントです。

 

第1回目は、鎌田憲之さんをお迎えして、「Don't think,FEEL!」

10/28から11/6まで開催されていました。

 

2015年から1年間、海外青年協力隊として、インドネシアのロンボク島に滞在していた経験を持つ、

鎌田さんが撮られた写真の展示でした。

展示の模様はこちら。

 

さらに詳しい写真はこちらからもご覧になれます。

 

目に飛び込んでくるのは、色鮮やかで、気温の高さが伝わる熱気のある写真の数々。

大きくプリントされた写真は、現地でプリントされたビニール素材のもの。

折り目のついたままのこの写真は、船便で輸送したそうです。

顔を近づけると、そのままの現地の匂いを感じられる気がしました。

 

表情豊かな人々。自然。

でもその中には大量のゴミも写っています。

このゴミが実は現地では大きな問題になっているそうで・・・

 

先日11/5に鎌田さんと池田先生による、

トークショウも開催されました。

 

 

ここでは、現地のゴミ問題を中心に、トークが展開されました。

鎌田さんが実際に、現地の小・中・高生に向けて行った授業の映像を使いながら、

どのように問題を問題として受け止めてもらうかという活動をしたか、というお話でした。

 

川に流されたり、大量に積み上げられるゴミの山々。

心が痛くなるような、でも世界のとある国では、私の知らないところで大きな問題になっている、

お話や写真、映像でした。

 

それでも、子供たちの活気ある姿や、鎌田さんの授業を楽しむ様子をビデオで見て、

美しい自然や素晴らしい土地を守る重要さを、写真を通して感じました。

 

私も、少しだけインドネシア・ロンボク島のとびらを叩けた気がしました。

 

視覚だけでなく、世界の姿・匂い・熱まで感じられるほどのワクワク感があります。

 

次のとびらは、

vol.2 野口摩耶さん 「ラダックの山山」です!

 

こちらは既に展示が始まっています。

 

この展示に合わせて、

11/19にトークショウも行われます。

写真だけでは感じられない何かがきっと聞けるはずです。

私も今から五感を澄ませて、楽しみにしています。

ぜひ、お越しください。

 

世界のどこかと、きっとつながるこのシリーズ。

ぜひ、あなたの手で「世界のとびら」をそっと叩いてみてください。

 

 

〜今回のアタック結果〜

見ただけで、その場の空気や熱量も伝わる写真。

私もそんな素敵な写真を撮れるようになりたい・・・

 

そしてブログ初体験。

文章を書くって楽しいけど、難しい。

 

 

今日の一枚。

はじめましてのご挨拶です。次回もよろしくお願いします!

 

 

©YUKAI / All Rights Reserved
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    にほんブログ村
COMMENT